カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
携帯
qrcode
[開催中]味岡伸太郎展 富士山麓20景之内十五 11/26迄

【味岡伸太郎展 富士山麓20景之内十五】
2017年11月3日(金)-26日(日)

 

初日11月3日には櫻井拓さんをお迎えして

味岡さんとのトークセッションを行いました。

沢山の方にご来廊頂き、ありがとうございました。

 

 

2017年の熱い夏が始まった。土との関係が始まったのも、1990年の熱い夏だった。

「富士山麓・上九一色村(現、南都留郡富士河口湖町)豊茂。その牧草地の草を剥ぎ、20m×6mの土を露出する。その中に60cm×17m深さ1mの溝を掘る。掘り出した土をふるいにかけ、石をサイズごとに選別して山にする。自然の大きさと強さと量に、うっかりするとくじけてしまう単調で体にこたえる時間が果てしなく続いた後に、土や石のサイズが違う5つの山が残った。我々が毎日足にする大地の見えない姿を教え、自我を捨て自然の在り方に身をまかせ、ひたすら行為することで自づと導かれる姿を確認する作業である。行為の終了した翌日の未明、富士の裾野から昇る日の出を受け、刻々変わる富士の色をバックにたたずむ、富士の火山灰や溶岩で出来上がった5つの山。これも、まぎれもなく富士の一つの姿であった。(富士山麓地質調査/1990年8月25日)」

 あれから、すでに27年。土との関係も深まり、再び、富士山麓に土を求めた。今回のプランは富士を右に見て一周、露出した地層から、一地区、天地左右、約45cmピッチで3行3列、計9種の土を採取し、約160x180cmの綿布にドローイングする。

 東京と愛知県豊橋市で同時に発表する。その中間点の象徴的な場所として、富士を選ぶことに時間は必要なかった。おおよそ山麓の一合目を目安に一周し、工事や自然の崩落、浸蝕で露出した地層を探して採取する。

 27年前の豊茂にも再び訪れた。辺り一面牧草地で土は露出していない。富士の一合目は牧草地も山林も皆富士に向かってなだらかな傾斜地である。土の採取出来るところはほとんどない。それは、自然がのこり、破壊が進んでいないということでもあり、古くに開け安定した土地ということでもある。

 なんとか、豊茂でも採取した。その他、20地点で採取することができた。富士山の周辺は、当然とはいえ、富士の噴出物が堆積したものである。その多くは濃い茶色から黒である、色の変化は少ない。そのことは、27年前の「富士山麓地質調査」の経験で分かっていた。その通りの土が採取された。

 地層を選ぶことはない。採取可能な地層があれば、迷わず採取する。色彩は描くことによって生まれ、実体を持つものである。実体を持つ色が大地に広がっているのではない。土そのものの色調が豊かならば、目はそちらを見がちである。しかし、その変化が些少であれば、かえって目は描く行為に向かうだろう。

 20地点で20作品。内、東京に近い地点で採取した土による5点が東京、残り15点を愛知県豊橋市で展示する。土を求めて彷徨った五日間、右手に見えるはずの富士は一度も姿をみせなかった。これから始まるドローイングの日々は、私もこの夏、初めて見る豊かな富士となるだろう。

(富士山麓20景/2017年8月6日)

 

東京展 同時開催中 http://www.redandblue.jp/

-----------------------------------------------------
作品・展覧会についてのお問合せは
こちら
ギャラリーサンセリテHP 
E-mail 
tayori@sincerite.info / Tel 0532-53-5651
-----------------------------------------------------

 

 

 

| 開催中の展覧会 | 13:49 | - | trackbacks(0) | pookmark |
【展覧会のお知らせ】リトルクリスマス小さな版画展 10/21-31

リトルクリスマス 小さな版画展

2017.10月21日(土)-31日(火)

 

2010年からはじまり、今年で8回目の小さな版画の展覧会です。
今年は49人の多彩な作家が参加し、展覧会は全国で開催されます。
現実を生きている版画の担い手たちの作品を、ぜひ、この機会にごらん下さい。

 

 

宮嶋結香 Holy Bird/星なる鳥 リトグラフ 29.7×21cm

 

 

 

根本佳奈 Memory 銅版 12.3×13cm
 

 

作品はすべて、この展覧会のため制作された新作オリジナル版画です。
会期中のみ特別価格1点7,560円、額付10,000円〜で販売致します。
【サンセリテだけの特典】額付で3点以上ご購入の方は10%引き致します。

 

Little Christmas - 小さな版画展 2017 オフィシャルHP

 

 

[参加作家]

安芸真奈・安藤真司・安齋歩見・筆塚稔尚・古本有理恵・林明日美・林孝彦
生熊奈央・今村由男・井上厚・石川真衣・岩渕華林・菅野由貴子・片平菜摘子・風間雄飛
木村繁之・小林文香・近藤英樹・牧野浩紀・松本秀一・箕輪千絵子・宮嶋結香・宮本承司
永吉香里・根本佳奈・二階武宏・西平幸太・西川洋一郎・岡田まりゑ・岡沢幸・齋藤千明
齋藤僚太・齋藤悠紀・佐藤妙子・スミダヒロミ・高垣秀光・Takako Hirano

瀧千尋・田中涼子常田泰由・辻元子・若月公平・綿引明浩・渡邉加奈子

八木文子・山口茉莉・山本剛史安井寿磨子・安井良尚

 

 

-----------------------------------------------------
作品・展覧会についてのお問合せは
こちら
ギャラリーサンセリテHP 
E-mail 
tayori@sincerite.info / Tel 0532-53-5651
-----------------------------------------------------

| 開催中の展覧会 | 16:39 | - | trackbacks(0) | pookmark |
【展覧会のお知らせ】山中現展[木版画・油彩画]9/16-10/10

 

9月16日(土)−10月10日(日)

山中現展[木版画・油彩画]

 

サンセリテでは7年ぶりの個展になります。 
詩画集「雲の祭日」(詩・立原道造)に使用した作品や

絵本「ついていったちょうちょう」(新美南吉童話集)のために制作された

木版画・油彩画を約50点展示します。
ぜひお出掛け下さい。

 

■■■アーティストトーク&朗読会+α茶話会■■■
9月23日(土)午後6時-7時30分
詩画集 「雲の祭日」(詩・立原道造/画・山中現)より 
朗読・杉浦暢子[要予約]

 

 

-----------------------------------------------------
作品・展覧会についてのお問合せはこちら
ギャラリーサンセリテHP 
E-mail tayori@sincerite.info / Tel 0532-53-5651

-----------------------------------------------------

| 開催中の展覧会 | 10:55 | - | trackbacks(0) | pookmark |
展覧会・夏季休廊のお知らせ

 

 

夏のコレクション展
開催中-8月29日(火)まで

 

清涼感たっぷりの作品を集めました。
展示作品:近代、現代の日本画、油彩画、版画など

 

8月12日(土)−16日(木)までお休させて頂きます。
17日(金)より通常営業致します。
メール、ファクスでのお問い合わせは受け付けておりますが
お返事が遅れますことをご了承下さい。

 

   ギャラリーサンセリテ 展覧会予定   


 

 9月16日(土)−10月10日(日) 

山中現展

作家在廊 9月23日(土)・24日(日)

 

アーティストトーク&朗読会+α茶話会 9月23日(土)午後6時-7時30分

詩画集 「雲の祭日」(詩・立原道造/画・山中現)より 朗読・杉浦暢子
[要予約]参加ご希望の方はギャラリーサンセリテまで

 

1021日(土)−31日(火)リトル・クリスマス小さな版画展−旅する−

113日(金)−26日(日)味岡伸太郎展



   ギャラリー入船 展覧会   
 


107日(土)−17日(火)

あらきちかこ展「遠いところにあるもの」(切り絵)

 

・11月18日(土)−28日(火)

鈴木よう子展(ゲビンデ)



展覧会日程は変更になることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。
 

-----------------------------------------------------
作品・展覧会についてのお問合せはこちら
ギャラリーサンセリテHP 
E-mail tayori@sincerite.info / Tel 0532-53-5651

-----------------------------------------------------

 

| 開催中の展覧会 | 14:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |
【展覧会のお知らせ】上村菜々子展「時が描く」4/29-5/21

 

【上村菜々子展「時が描く」】

4月29日(土)〜5月21日(日)

(水曜日のみ休廊)

 

上村さんはサンセリテでは初個展になります。

ダイナミックな線と静かな美しさをぜひご高覧下さい。

 

A-01_130921.jpg

 

A-06_130921.jpg

 

 

スペシャルイベントとして5月13日(土)午後6時より

尺八によるサウンドパフォーマンス 無常無音 を行います。

パフォーマーは国内外の多様なアーティストとコラボレーションをしているひでおさんです。

入場料は1,000円(ドリンク+α付)ご予約をお願いします。

 

 

-----------------------------------------------------
作品・展覧会についてのお問合せは
こちら
ギャラリーサンセリテHP 
E-mail 
tayori@sincerite.info / Tel 0532-53-5651
-----------------------------------------------------

 

 

 

| 開催中の展覧会 | 18:02 | - | trackbacks(0) | pookmark |
【展覧会のお知らせ】大森運夫展 3月23日(木)〜4月11日(火)

 

 

【大森運夫 展】

3月23日(木)〜4月11日(火)

 

3月26日(日)午後3時〜
ギャラリートーク「人のかたちに込められた想い〜99年の生と画」
丸地 加奈子(豊橋市美術博物館主任学芸員)

 

昨年秋に99歳でお亡くなりになった

大森運夫さんの展覧会を開催致します。

第一回目の個展出品作をはじめ小品から大作や下図など

初期の作品を中心に展示します。

大森運夫を深く感じて頂ける内容です。

 

会期中には豊橋市美術博物館主任学芸員、

丸地さんにギャラリートークをして頂きます。ぜひご参加下さい。

*参加希望の方は電話・ファクス・Eメールでお申し込み下さい。

 

 

-----------------------------------------------------
作品・展覧会についてのお問合せは
こちら
ギャラリーサンセリテHP 
E-mail 
tayori@sincerite.info / Tel 0532-53-5651
-----------------------------------------------------

 

JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

| 開催中の展覧会 | 12:22 | - | trackbacks(0) | pookmark |
【開催中】Arte España -A.タピエスを中心に- 2/28迄

 

2月4日(土)〜28日(火)

Arte España A.タピエスを中心に

 

Forma blanca 1988

Antoni Tàpies アントニ・タピエス1923-2012
56.3×75.2cm エッチング・カーボランダム

 

26日はタピエスの命日です。毎年この時期にタピエスの作品を架けています。

スペイン、バルセロナに生れた現代美術の巨匠ですが、同じスペインの画家、ピカソやミロに較べて、日本での知名度は然程無いかもしれません。1988年の3月に初めてタピエスの展覧会を開き、以降折に触れ作品を紹介して参りました。

初めてその作品を見た時の印象は、「何かお腹の辺りにドスンと来た」感動というよりは、衝撃という感じだったでしょうか。

その理由は今でも、上手く説明ができないのです、私が求める何かがそこにあったということなのでしょうか。理論ではなく、未だ皮膚感覚でしか表現出来ないのは.恥ずかしい限りです。

文献を読むと、東洋哲学にも造詣が深く、座右の書は岡倉天心の「茶の本」で、

「精神と物質を分けず、宇宙的な広がりを捉える見方が私の考え方と一致します」

と述べています。表現者のバックボーンには必ず哲学があり、それを形にできる人を

芸術家というのだと思います。

 

ギャラリーサンセリテ 野尻

 

 

 

-----------------------------------------------------
作品・展覧会についてのお問合せはこちら
ギャラリーサンセリテHP 
E-mail tayori@sincerite.info / Tel 0532-53-5651
-----------------------------------------------------

| 開催中の展覧会 | 19:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
【開催中】古今遠近(ここんおちこち)1/29迄

 

1月7日(土)〜29日(日)

古今遠近(ここんおちこち)

 

画家には絵を見ただけで画家名が分かる、良く知られた作風があります。
そのように認められるまでに積まれた思索、修練、研究を思うと敬服するばかりです。しかし、どんな巨匠でもその知られた作風ばかりを描いているわけではありません。またそこに至るまでの途中の作品、また模索中の痕跡が見られるなど興味深い作品が多々あります。そのような作品は中々紹介され難く知られる機会が限られます。

 

今回の展覧会では、前述のように紹介されることの少ない、意外な作風の作品を中心に紹介します。例えば、美人画で知られる伊東深水のワイキキ海岸を描いた水彩画、平松礼二の「路シリーズ」の始まりの頃の秀作、大森運夫の1960年頃ボンドを使い、ローマ字サインの作品の希少作品を始め、珍しい作品をそろえました。
 

加えて、若手作家の作品を紹介します。第5回星野眞吾トリエンナーレ優秀賞の久保木桂子、第4回星野眞吾トリエンナーレ以来惚れ込み、2019年に当方での個展開催が決まった及川聡子、今年5月に個展開催の期待の二十代上村菜々子。彼女たちのこれからに、先輩画家の来た道を灯台にして歩いていくことに、エールと期待を込めます。
 22名の作家25点を展覧します。


                        

ギャラリーサンセリテ 野尻眞理子

 

 

 

 

-----------------------------------------------------
作品・展覧会についてのお問合せは
こちら
ギャラリーサンセリテHP 
E-mail 
tayori@sincerite.info / Tel 0532-53-5651
-----------------------------------------------------

| 開催中の展覧会 | 11:27 | - | trackbacks(0) | pookmark |
[終了しました]山本一樹展 風の記憶 アーティストトーク

PB060005.JPG

山本一樹展 風の記憶

アーティストトークを行いました

 

PB060006.JPG

鍛金(たんきん)彫金(ちょうきん)の違いや面白さからはじまり

自身の制作がどのように変化したかなどお話して頂きました。

 

普段使用している道具もお持ちいただきました。

PB060003.JPG

 

PB060011.JPG

 

胴板を叩いて丸くする実践中

PB060009.JPG

交流会では技術的な質問も飛び交い、充実した会になりました。

たくさんのイベントが開催されている中

お集まり頂いた皆さん、ありがとうございました。

 

展覧会は11月27日(日)まで開催

(12・20・26・27は作家在廊)

会場では制作風景を編集した動画もご覧いただけます。

 

ご来廊お待ちしております。

 

-----------------------------------------------------
作品・展覧会についてのお問合せは
こちら
ギャラリーサンセリテHP 
E-mail 
tayori@sincerite.info / Tel 0532-53-5651
-----------------------------------------------------

| 開催中の展覧会 | 13:31 | - | trackbacks(0) | pookmark |
[開催中]山本一樹展 風の記憶 11/27(日)まで

 

山本一樹展−金属造形−

風の記憶

2016年11月5日(土)−27日(日)

 

浜松在住の作家、山本一樹さんの展覧会を行います。

 

 

 

 

 

 

11月6日(日)午後3時からはアーティストトークを行います。

鍛金技法の紹介や、道具の使い方、作品についてお話して頂きます。

終了後、作家との交流会を予定。予約不要です。

ぜひご参加下さい。

 

-----------------------------------------------------
作品・展覧会についてのお問合せは
こちら
ギャラリーサンセリテHP 
E-mail 
tayori@sincerite.info / Tel 0532-53-5651
-----------------------------------------------------

 

JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

| 開催中の展覧会 | 11:41 | - | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/10PAGES | >>